無料ブログはココログ

2020年8月30日 (日)

わお

イエエィ

2020年6月17日 (水)

同期会レポ

卒後初めての33期同期会は大盛況に終わりました。100227_040_6
時期が悪かったかな~(反省)、集まれる人数が34人だけでしたが卒後27年の思いはハンパねぇ~!誰も止まることを知りませんでした。(100人とか来ていたら大変だったと思う)でも今回来れなかった方も是非次はお会いしたいですね!
ネタばらしですけど、なぜこの時期に同期会なのか?
タンチョクに「幹事当番へ向けて準備」です。
会場で出席者に配ったチラシをよく読んでもらうと経緯がわかると思うのですが、またその話はおいおいと...
チラシは今度の輔仁会便りにも折り込みますので、同期会に参加されなかった方も是非じっくりと読んでくださいな。

とりあえず同期会レポ。私目線です。


100227_005_4 発起人は一時間前に集合して準備開始と申し合わせていたので、会場には5時入り。行くと他のメンバーも既に来ていて受付は出来上がってました。
会場のレストランはスバラシかった。それにホテルスタッフがずいぶんたくさんいてビックリ。「本番ホジン会は是非うちのホテルで!」って気持ちの表れですね。
ちなみにホテル支配人が澤田10組君の大学の先輩で、今回はそこから口利きしてもらいました。皆さん、個人的にでもルネッサンスホテル利用しましょう!

6時を前にして受付で待っているとぼちぼち出席者が集まってくる。
この日まで卒業アルバムを穴があくほど眺め、出席者の名前と顔を頭にインプット。絶対一発で誰だかわかるだろうと思っていましたが、これがまったくわからない。100227_003
目が合ってもお互いに軽く会釈。「誰だろう」
そして首からぶら下げた名札を見てやっと「お~久しぶり~」。
わからなくて当然。27年間お互いに何やっていたかわからないんだから。
でも不思議なもんで、しばらく話をしているうちに違和感は無くなってくる。最初は誰だかわからなかったはずなのに、いつの間にか見た目も昔の「ヤツ」のまんまだってことに気が付く。
もちろん女子も男子も。
ただし街なかですぐ横にいても気が付かないだろな~。(あれ以来、外ですれ違う同年代の人をつい「同期では?」っていう目で見てしまいませんか?)
徐々に集まりだしてそちこちで、再会を喜び握手と笑い声、既に話に花が咲いてます。
待合時間から同期会~♪

何人かは遅れるとの連絡を受けていたので、全員は揃わなかったけど定刻をちょっと過100227_008   ぎたところで菊地9組君の司会挨拶で開宴。お~いよいよ始まったか~ワクワクするな~。
100227eos_0382_2  今回のことの起こり、あの“不幸の手紙”(←本人曰く)の差出人澤田君が、先輩から脅迫恫喝を受け幹事の仕事に着手したなどの経緯を踏まえて発起人を代表して挨拶。(さすが澤田、誰にもマネできない堂々とした喋り。でも自分のこと「ワシ」って言うのはやめなさい笑)

続いて僭越ながら私が乾杯の音頭。でもその前に大事なこと。
実は今回同期会の準備を進めている中で、把握できただけでも6人の同期が天国へ旅立ってしまっているということを知りました。
今私たちは27年ぶりに無事に再会できたのですがその陰で、どうしても出席できなかった仲間がいるということを忘れてはいけない。卒業後初めての公式な同期会だからまず第一に皆で黙祷ささげました。
乾杯の音頭は舞い上がってしまい何を言ってるのかわからないまま(言いたいことがありすぎて) もうどうでもエエッ!、「かんぱ~~いじゃ~!」 怒濤の同期会スタートです。

100227eos_0492 席はクラス順にテーブルについてもらい八人掛け五卓。9組と10組だけは出席人数が多かったのでそれぞれひとテーブルを占有。
私は9組。何ぼ同期、クラスメイトと言っても27年ぶりは最初はほぼ初対面と一緒。恐る恐る声をかけ話していくうちに緊張も解け、お酒も入ってくるとだんだん調子も出てきて、最初は静かだった会場もあっというまにあちこちで話に花がさきはじめ、笑い声も聞こえてくるようになってきました。
途中遅れてきた某君は、会場に入って自分の席に歩いて着くまで顔がガチガチで「どこか具合悪いんじゃないのかな?」って私思ったぐらいでした。あれは誰でもああなるわ、最初は緊張と気恥ずかしさだけでしたよ。

9組テーブルは一番出席人数が多かったのでプチクラス会状態。100227eos_1182
高校時代のスナップ写真や思い出の品(授業中にまわした「絶対に発覚しないように」と書かれた飲み会参加表なども!)も持ち寄ったこともあって話が盛り上がり、さしずめ昔とおんなじ3-9の教室でしゃべっているような錯覚に陥りました。
100227eos_1162 前の週の東京プチ飲み会と合わせると9組は11人。正統派じゃない理系(選択が物化じゃないということ)だったので、当時から遊び人が多いと言われていた(?)わがクラス、今も変わらずっていったところでしょうか。いへいへ~ただ仲がいいんだよ~。今度スピンオフで9組のクラス会やることになりました。


宴も最高潮~のところで、今度はひとりづつ前に出て自己紹介と近況報告。
(写真小さいけど承諾得てないのでフンイキだけね)
  100227eos_0512_3 100227eos_0532_2 100227eos_0672_2 100227eos_0712 100227eos_0792 100227eos_0862 100227eos_0912  100227eos_0952

  100227eos_1092 100227eos_0542 100227eos_0562 100227eos_0582 100227eos_0632 100227eos_0742 100227eos_0922 100227eos_1012_2

このあたりから私記憶が途切れ途切れです。まだコップにビール数杯の量でしたが、普段なら酔うわけ無いのに、この日は楽しさのあまり完全に脳がどっかにいってしまっていたようです。必死に思い出そうとしてもだめです。

誰だかが、最近子どもが生まれましたって聞いて「お~」っと思ったことと、「話すことありませ~ん」てこれだけで話をやめようとした欣也10組君にもう少し喋ろとせっついたら、今度は喋りが止まらなくなって「ひねくれも変わってねーな笑」って思ったことくらいしか覚えていないのですが、何人かが「幹事期のことは知っていました。お手伝いします」ってきいて、これから仲間が増えそう~ウレシイ~って小躍りしたのはよく覚えています。

私完全に頭はぶっ飛びウォンテッドタイム突入。(頭ぶっ飛んでいたからですが、いつの間にかマイク持って仕切っていました、スンマセン)

100227_039 今村10組君が、卒アルの一人ひとりの写真を取り込むなんちゅう面倒なことを自爆して作ってくれたデータを、プロジェクターで拡大して皆の前で披露。
見慣れた卒アル写真もこうしてみると新鮮です。
ちと皆、昔の自分が大写しにされて恥ずかしかったかもしれませんが、あの雰囲気の中だったらだいじょうぶでしたよね。「ぎゃー」とか「キャー」とか言って騒いでた割には楽しそうでしたから。100227eos_1252
これはなかなか盛り上がったのでこの次の同期会でも是非やりましょう。
この時点でウォンテッド(連絡先不明)がやっぱまだ200人くらいはいたんじゃないかな?次の同期会に向けて少しでもその数を減らさなくては!

この後、佐藤淳8組君の会社から(上司が西高出身。センパイありがとうございます!)お土産の寄贈があったのでそれをみんなに配り、萩本(宍田7組)さん〆挨拶で一次会はおひらき(だったはず?)
私マイク持って「二次会行かないひとー?!」って大声でみんなを誘ってたような気がします。
「八時半にすすきの行きのバス出るよ~」ってこの時八時二十五分。

会場をジガーバーに移して二次会。
「二次会行かないひとー?」って聞いたのがよかったのか、34人中29名がそのまますすきのに移動。

実は家を出る直前にニ次会の店からケータイに電話があり「人数決まりました?」
「いや~その~その時になってみないとわからないんですけど...10かもしれないし20かもしれないし...25でお願いします」って言ってた手前、一次会でみんなに帰られたら困るなと思っていたのでそれはそれは嬉しい誤算でした。
でもすいませんでした、一次会で帰られた五人。私すっかり舞い上がり出来上がり状態で挨拶もしないでニ次会会場に来てしまいました。
誰か発起人のひと挨拶しといてくれたでしょうか。これに懲りずに是非また出席して下さいね。今度は仲間の同期をもっともっと誘ってね!

ニ次会の様子は写真の通りです。詳しくは説明しません、ってかできません。
25人予約に補助席四つ出してもらって29、もともと広くない店でしたから、ホントぎゅうぎゅうでしたね。でもそれが逆に良かったような気がします。
私もともと飲んだらとてつもなく楽しくなってしまう方なんですが、最近は楽しくなっても「大人しく飲る」って自重してましたが、この時ばかりは何年か振りにはじけましたね。
同期ってだけで何故にあんなに盛り上がれるのか。
冒頭で誰も止まることを知りませんでしたなんて書きましたが、一番のフルスロットルは自分だったかもしれません。(反省してます)
そして「三次会行かないひとー?!」またまた同じに号令掛けて最後の店へ。

三次会まで生き残ったのは何人だったんでしょう。
記憶にありませんが、最後の集合写真で数えると18人でしたか?よくぞあんな遅くまで残ってくれました。(帰ったら二時でしたね)
100227eos_2892

皆さんさぞかし楽しかったんだろうと理解してもよろしいんでしょうか?

いいんです!

私には楽しすぎました、他の出席者はどうだったのか心配ですけど。
去年の12月5日に同期会やるって決めてからは「あ~楽しくない会になったらどうしよう」ってホンキで考えてましたから。多分他の発起メンバーも思いは一緒だと思います。
今回集まってくれた方には感謝感謝、来れなかった方は是非又今度。
もっとパワーアップして企画します(←大丈夫かよ) 次は夏ですね。


100227_3終わって今はちょっとバーンアウトしてますが、よくよく考えてみたら「これで始まった」んですな~。

来年が。

2016年2月14日 (日)